雑談

新年あけましておめでとうございます!
2018年のスタートです。

「アルフで英語.com」は、いよいよシーズン4後半に突入します。
狙ったわけではないのですが、偶然にも残すところあと12話なので、このまま休みなく続ければ2018年には完結です。
今年も年中無休で頑張ります!頑張りたい。頑張れるかな。応援してください(笑)

それでは、今年も「アルフで英語.com」をよろしくお願いいたします。

平成三十年元旦


戌年なので犬の写真を載せておきますね♪(笑)
 

ep03-20 Pig Latin」より

 
 
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット2 (フォースシーズン後半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)

エピソード関連ep91

エピソード90、いかがでしたか?
DVDを持っている方は、もういちど通しで見ておきましょう♪

では、エピソード91をスタートいたします。
いよいよシーズン4の後半に突入です。

■エピソード91 「It's My Party/危なっかしい招待状」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1990年12月11日(月)です。
日本では、2010年8月24日(火)に再放送されました。

北米版DVDではシーズン4、disc3の1話目に収録されています。
日本語版DVDでは、アルフ 4thシーズン 後半セットアルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックスアルフ <シーズン1-4> DVD全巻セット(24枚組)に収録されています。

アルフによるエピソード紹介:
"In this episode, Tanners hold a luau.
You know my favorite Hawaiian island is Meowi?"
luau 「ハワイ式の宴会」
Meowi は Maui (マウイ島)と、猫の鳴き声の meow を合成したジョークですね。

このエピソードのタイトルは、Leslie Goreの1963年のヒット曲の曲名です。 いつものように、YouTube でチェック!
Leslie Gore - It's My Party (YouTube)

それではお楽しみに!

エピソード関連ep91


タナー家のキッチン。

ケイト: あら、やだ。
Oh, no.
ウィリー: どうしたんだい?
What is it, hon?

ケイト、郵便物をウィリーに見せながら、

 


ケイト: またホームパーティのお誘いよ。
We got another dinner party invitation.
ウィリー: あー、それは残念だな。
Oh, I'm sorry, honey.

エピソード関連ep91


ウィリー: 他の人たちの家に招かれて、もてなしを受けて、「来週はウチでやりましょう」なんて言って、実際にやっていた頃のことを覚えてるかい?(観客:笑)
Remember the good old days when we used to, uh, go over other people's houses and accept their hospitality and we'd say, "Next week at our place," and then we'd actually do it?
ケイト: エイリアンがやって来さえしなければ私達の人生が変わることもなかったのに、なんて考えてもしかたないわよね。(観客:笑)
How naive of us to think that an alien wouldn't come along and alter our lives forever.

エピソード関連ep91


タナー家のリビング。ケイトとウィリーがパーティのケータリングのプランナー(レックス・サベージ)と打ち合わせをしている。

レックス: 料理を決める前に、パーティのテーマを決めないといけませんね。
Now, before we discuss food, we must first plan the theme for your party.
なにかお考えは?
Have you thought of one?
ケイト: あー、サベージさん、なにか提案あります?
Uh, well, uh, what would you suggest, Mr. Savage?
レックス: そうですねぇ。
Well, let's see.
これは埋め合わせのためのパーティなんですよね?
This is a make-good party, am I right?
本当はやりたくないけど、やらないといけない気がしている、そうでしょ?(観客:笑)
You really don't want to have it but you feel you must, correct?