邪魔にならないところ

この記事は「アルフで英語(旧)」のアーカイブ(記録用の保管データ)です。再編集した記事はこちらをご覧ください→「ep01-11 ただ叫んでるだけ」 一日だけアルフを追い出すのを待ってくれるようにケイトにたのんだウィリー。
シーンは変わって、朝。

ケイト、目覚ましをとめる。
ベッドにはウィリーではなくアルフが一緒に寝ているが、気づいていないケイト。

ケイト: おはよう。
アルフ: おはよう。
ケイトびっくりぎょうてん。
ケイト: ワーーーーーー!
アルフもびっくり。
アルフ: ワーーーーーー!
ケイト: ウィリーーーー!
アルフ: ウィリーーーー!
アルフ、あわててバスルームに逃げ込む。

ウィリー: どうしたんだ?
What's going on out there?
アルフ: なにも。叫んでるだけ。
Nothing. Just screaming.
ウィリー: そこをどくんだ。
Move out of the way.
アルフ: わかった。
No problem.

out there「向こうで、外で、世の中で」
out of the way「邪魔にならないところに」