スピーキング強化作戦#17

おまたせしました!かれこれ2週間ぶりのスピーキング強化作戦です。

「催眠術をかける」(2006/11/13)の回から4つピックアップ。
久々ですが声を出して10回づつ読みましょう。


アルフ: You are getting sleepy. 「あなたはだんだん眠ーくなーる。」
be getting … 「だんだん…になる」 …には形容詞が入ります。【超基本】
I'm getting sleepy. 眠くなってきちゃった。
I'm getting tired. 疲れてきちゃった。
It's getting dark out. 外が暗くなってきたね。
It's getting colder day by day. どんどん寒くなるね。


アルフ: You scared me! 「おどかさないでよ!びっくりした!」
scare  「おどかす、こわがらせる」 with …
You scared me! おどかさないでよ!びっくりした!
The lady scared her with a loud voice. その女性は大声で彼女をびっくりさせた。

参考)be scared 「こわがる、おびえる」 of …
I'm scared. こわいわ。
He's scared of darkness. あいつ暗闇が怖いんだ。


アルフ: I was just teaching Lucky how to tell time.
「ラッキーに時計の読み方を教えてたのよ。」

how to … 「…のしかた」 …には動詞の原形が入ります。
Could you tell me how to use the copy machine?
このコピー機の使い方を教えてくれませんか?
I don't know how to get there. そこへの行き方がわからないんです。
You should learn how to manage time. あなたはタイムマネジメントを学ぶべきです。


アルフ: I'm trying to help Lucky beat a smoking problem.
「ラッキーが禁煙するのを手伝ってるのよ。」

help someone (to) … 「(人)が…するのを手伝う」 …には動詞の原形が入ります。
アメリカでもイギリスでも to を省くのが普通。
ただし、目的語(「誰それを」にあたる部分)が長い場合は to を省略しないのが普通。
要は言いやすい方を使えばOK。

Help me carry these. これ運ぶの手伝ってよ。
The kid helped me pick up the apples I dropped.
この子がボクの落としたリンゴを拾うのを手伝ってくれたんだ。
Let's help the little boy in front of the building to hand out leaflets.
ビルの前にいる男の子がチラシを配るのを手伝おうよ。


←ブログランキング