ep03-15 本能

第3話「Looking for Lucky/みんな猫が好き」

アルフが出て行ったとは知らないケイトたちはキッチンで朝食。

リン: 今朝はアルフいないわね。
Where's Alf this morning.
ケイト: きっと恥ずかしくて朝ごはんに出てこられないのよ。
Probably too ashamed to come to breakfast.
リン: おなかがいっぱいとか。
Or too full.
ブライアン: 昨日、アルフが部屋に入ってきてボクを食べちゃう夢を見たんだ。
I dreamed last night that Alf came into my room and try to eat me.
リン: ブライアン、アルフはそんなことしないわ。
Brian, Alf would never do that.
ケイト: もちろんしないわよ。
Of course he wouldn't.

ちょっと考えて

今夜は私たちと一緒に寝ましょう。
You sleep with us tonight.

ブライアン、にやりとする。 (かわいい!)

  

リン: ねえ、アルフがかわいそうに思えてきちゃったの。
You know, I almost feel sorry for Alf.
ケイト: どうして?
Why?
リン: アルフの立場で考えてみたのよ。
I'm just trying to see things through his eyes.
なんで、ラッキーを食べちゃったのかって。
Trying to understand why he ate Lucky.
つまり、アルフは私たちとは違う本能を持っているわけでしょ。
I mean, Alf has different instincts than we do.
彼の星では私たちが牛を食べるみたいに猫を食べるのよ。
On his planet, they eat cats the same way we eat cows.
ブライアン: ボクたち牛なんて食べないよ!
We don't eat cows.
リン: ハンバーガーがどこから来ると思ってるの?
Where do you think hamburgers come from?
ブライアン: スーパーマーケットでしょ。
Supermarket.
 

too ~ to …「~すぎて…できない」 ~は形容詞 …は動詞の原形
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ too ~ to … 構文!(うるさいしw)

ashamed「恥ずかしい、恥ずかしく思う、面目ない」

full「満腹で」

feel sorry for …「…をかわいそうに思う」

see things through someon's eyes「~の目から物事を見る⇒~の立場で考える」

instinct「本能」

今日はちょっと盛り上がりに欠けますねえ。英語的にもアルフ的にも。
っていうか、アルフ出てこないし。


←ブログランキング