ep26-16 どんなTPOにもピッタリ

ep26

FC2 Blog Ranking  ← 応援よろしく♪

アルフ、ウィリー、ブライアンがテーブルを囲んで座っている。

アルフ: これだけはハッキリさせてよ。
Let's clear this up.
オレに会えて、うれしいの?うれしくないの? (観客:笑)
Are you or are you not happy to see me?
ブライアン: ボクはうれしいよ、アルフ。
I'm happy, Alf.
アルフ: これ、チョコ?
Are those chocolates?

アルフ、テーブルの上の皿に手を伸ばすが、ウィリーがそれを止める。 (観客:笑)

ウィリー: どうやって来たんだ?
How did you get there? *1
アルフ: こっそり乗り込んだのよ。
I stowed away.
ケイトのスーツケースに隠れて。
In Kate's suitcase.
ケイト: まあ、やだ!
Oh, no.
私の服、全部毛まみれじゃないの。
Now I'll have your hair all over my clothes.
アルフ: 大丈夫。
Take it easy.
アンタの服は全部毛がつかないように、家のクロゼットにかけてあるから。 (観客:笑)
Your clothes are hair-free and hanging neatly in the closet back home.
ケイト: じゃ、ここでなに着てろっていうのよ?
What am I supposed to wear here? *2
アルフ: 今着てる服、最高じゃん。
Well, I love what you've got on now. *3
どんなシーンにもピッタリよ。 (観客:笑)
Perfect for every occasion.

ブログランキング ← 応援よろしく!

clear up 「明確にする、明らかにする」

*1 ここ、何度聴いても there に聴こえます。 here じゃないのかな?

stow away 「こっそり乗り込む、密航する、無賃乗車する」
stow というのは、「積み込む、しまいこむ」という意味です。

Take it easy. 「落ち着いて。」

hair-free 「毛がつかない」
-free は「(望ましくないものが)含まれていない」という意味です。
lead-free 「無鉛の」、fat-free 「脂肪を含まない」などなど。

hang 「つるす、かける」

neatly 「きちんと、こざっぱりと」

*2 be supposed to はいろいろ意味があって、しかも日本語にしづらいので、
例文で覚えるのが一番。
ここは、「…するように期待されている」という感じ。 should に近いですね。

*3 よく出てきていつもスルーしてしまうのですが、
have got (と言っても have は短縮系で使われます) = have です。
つまり、 what you've got on now = what you have on now です。
「今アンタが着ているやつ」ということ。

occasion 「機会、場合、行事」
TPO の O です。 Time, Place, Occasion ね。ちなみに、TPO は和製英語。

英語ブログ ← 最後にもう一度♪

【今日のひとこと】
TPO が和製英語だとは知りませんでした。
いやー、アルフは勉強になるなぁ(笑)