ep83-03 若かった頃は

ep83

フォローよろしく♪


ウィリー、ガレージでアマチュア無線の機器にはんだ付けをしている。
横で見守るアルフ。

アルフ: 手伝おうか?
Need some help?
ウィリー: いや。自分でできるから。ありがとう。
No. I can do this myself, thanks.
アルフ: あー、あー、あー、あー、あー。(観客:笑)
Uh, uh, uh, uh, uh.
ウィリー: やめてくれないか。
Do you mind?
アルフ: まあ、アンタの無線だから。
Hey, it's your radio.
というか、もうすぐ煙を出す電子部品のくずと言うか。(観客:笑)
Or should I say, your soon-to-be smoldering heap of electrical debris?

ウィリーが無視してはんだ付けをするをのぞき込むアルフ。
ウィリーがアルフの方を見るとすぐに目をそらす。(観客:笑)
ウィリー、たまりかねて、

ウィリー: わかった。どこがいけないんだ?
All right, uh, what am I doing wrong here?
アルフ: いや。
Nope.
男の趣味に口出す気はさらさらないから。
Far be it from me to come between a man and his hobby.
ウィリー: じゃあ、口を出さないでくれるか?(観客:笑)
Well, could you far be it for me, please? *1
アルフ: だって、テレビは面白い番組やってないし、家にある本は全部読んじゃったし、アンタのクロゼットの上の棚に何があるかも知ってるし。(観客:笑)
But there's nothing good on TV and I've read all the books in the house and I know what's on the top shelf of every one of your closets.

ウィリー、ハッとする。

アルフ: アンタの若い頃の手紙、最高ね、甘いくちびるさん。(観客:笑)
You were quite the letter writer in your day, Sugar lips.
ウィリー: 手紙のことはほっといてくれ。
Stay out of my letters.


soon-to-be 「すぐに…になる予定の」

smolder 「くすぶる、燃える」

heap 「山、かたまり」

debris 「破片、がれき、がらくた、残骸、くず」発音注意(@デブリ)
宇宙ごみ、スペースデブリ (space debris) の debris です。

Far be it from me to 「…しようなどという気持ちは全くない」

come between 「…の間に入る、…の仲を裂く」

*1 Well, could you far be it for me, please?
これは far be it from me と同じ意味の far be it for me ではなくて、「私のために遠くに行ってくれないか?」と言っているんだと思います。勘ですが(おい)

in one's day 「若かった頃は、全盛期には」


【今日のひとこと】
アルフがいたら、プライバシーもなにもあったもんじゃないですね(T_T)


※このブログの日本語はオリジナルの訳です。日本語吹き替えのセリフとは違いますのでご了承ください。

このエピソードをDVDで見よう!
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット1 (フォースシーズン前半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)