ep83-19 無意識のカチャカチャ

ep83

フォローよろしく♪


キッチンでウィリーがコーヒーカップをスプーンでカチャカチャとかき混ぜている。

アルフ: ウィリー?
Willie?
ウィリー: なんだい?
Yeah?
アルフ: 旅人が暗闇で口笛を吹いているとき、自分が怖がってるとは認めないかもしれない。しかし彼にも怖いという以上に明確な理由は見つけられない。
When the wayfarer whistles in the dark, he may be disavowing his timidity, but he does not see any the more clearer for doing so.
ウィリー: なんだって?
I beg your pardon?
アルフ: フロイトの言葉よ。
Freud said that. *1
あんた、カチャカチャしてたでしょ。
You were clinking.
ウィリー: カチャカチャ?
Clinking?
アルフ: あなたは世の中に大きな足跡を残していないと感じている。だから、自分が無名だと感じる状況において、無意識のうちに自分の存在を主張することでそれを補うのです。
You feel you haven't made a significant mark on the world, so you compensate by unconsciously asserting your presence in situations where you feel anonymous.

アルフ、本に目を落とす。

ウィリー: 何を読んでるんだ?
What are you reading?
アルフ: 心理療法の本。
It's a therapy book.
ラリーに借りたのよ。
Larry loaned it to me.
オレ、精神科医になったって言ったでしょ?
I'm a shrink now, remember?
ウィリー: ああ、そうだな。(観客:笑)
Oh, right.


wayfarer 「徒歩での旅行者」

whistle 「口笛を吹く」

disavow 「(関与などを)否定する、否認する」

timidity 「臆病、小心」

*1 Freud 「ジークムント・フロイト」
オーストリアの精神医学者。「無意識」の研究が有名。

clink 「カチャカチャと音をならす」

significant 「重要な、意味のある」

make a mark 「記録を残す」

compensate 「補う、埋め合わせをする、補償する」

unconsciously 「無意識に、知らず知らずに」

assert 「主張する、(権限を強引に)行使する」

presence 「存在」

anonymous 「無名の」

therapy 「心理療法、セラピー」

loan 「(人に物を)貸す」


【今日のひとこと】
アルフ、めちゃウザい!!腹立つ!!(笑)


※このブログの日本語はオリジナルの訳です。日本語吹き替えのセリフとは違いますのでご了承ください。

このエピソードをDVDで見よう!
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット1 (フォースシーズン前半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)