ep85-03 ウソも方便

ep85

フォローよろしく♪


タナー家のリビング。全員揃って夕食をとっている。
アルフがエリックに話しかけている。

アルフ: ほら、エリック。笑って。
Come on, Eric. Give us a smile.
にっこり笑って。できるでしょ。
Give us a big smile. You could do it.
ほら、笑って。
Come on, smile.

エリック、ご機嫌な声を上げる。

アルフ: 今だ、ケイト。今!(観客:笑)
Now, Kate. Now!

ケイト、ベビーフードをエリックに食べさせる。

ケイト: あー、お利口さんね。
Good boy. Good boy.
はい、これでおしまいよ。
That was the last bite.
アルフ: このぐらいの年の子はほんと簡単に操れるね。(観客:笑)
They're so easy to manipulate at this age.

電話のベルが鳴る。

リン: 出るわ。
I'll get it. *1
ウィリー: あー、もしニールおじさんだったら、私はいないって言っておくれ。
Oh, if it's Uncle Neal, Tell him I'm not here.
リン: パパ!私にウソつけって言うの?(観客:笑)
Dad, you want me to lie?
ウィリー: ウソじゃないさ。これは…方便だよ。(観客:笑)
It's not a lie. It's a...relative. *2


give someone a smile 「…に微笑む、…に笑顔を見せる」

big smile 「満面の笑み、にっこり笑う事」

Good boy. 「お利口さんね。よーしいい子だ。」

last bite 「最後の一口」

manipulate 「操作する、操る、コントロールする」

*1 I'll get it.
「(電話に)出る」は get を使います。何度も出てきましたが確認のため。

relative 「相対的な、関連した」「関連事項、相対」

*2 It's not a lie. It's a...relative.
「これは相対だ」と言われても、なんだか分かりませんね(笑)
誰にとっても真実なことを absolute truth というのに対して、ある人にとっては真実でも、他の人にとっては必ずしもそうではないことを relative truth というそうです。例えば "The cat is cute." などが relative truth にあたります。

ところで、日本語訳は「方便だ」と訳しましたが、方便って何?(笑)
方便とは「目的のために便宜的にとられる表現や手段」です。もともとは、仏教で悟りに近づかせる方法のことを指すそうです。
また一つ勉強になりました(^^)

ちなみに、relative は「方便」という意味とは全然違います。「方便」に近いのは、あえて言うなら expedient でしょうか。
「ウソも方便」に近い英語は "The end justifies the means."(結果が手段を正当化する)ですね。


【今日のひとこと】
「アルフで英語」は英語だけじゃないんですよ!気になることはなんでも調べます(笑)


※このブログの日本語はオリジナルの訳です。日本語吹き替えのセリフとは違いますのでご了承ください。

このエピソードをDVDで見よう!
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット1 (フォースシーズン前半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)