ep85-27 休み時間

ep85

フォローよろしく♪


ニール: ある日、マーシャルが学校から家までついて来て言ったんだ。
Marshall had followed me home from school that day.
明日、休み時間にボコボコに殴ってやるからなって。
And told me that the next day at recess, he said he was gonna beat me up so hard.
弁当箱に頭を入れて持って帰れって。(観客:笑)
I'd be carrying my head around in my lunchbox.

ニール、ウィリーを指差して、すこし大げさに、

ニール: そのとき、ここにいる兄さんが、筋の通ったことを言ってくれたんだ。
And this guy right here said something that really made sense.
「ニール、なぜマーシャルがお前をいじめるか分かるか?」
He said "Neal, you know why Marshall picks on you?"
「それは、お前が弱虫だからだ。」
"It's because you're a sissy."

キッチンで話を聞いているアルフ、

アルフ: うげ。子供のころから、この二人はつまんないヤツだったのね。(観客:笑)
Ugh. Even as youngsters, those two were boring.

リビング。

ニール: それで、次にヤツに会ったとき、僕は面と向かって言ってやったんだ。
「僕の頭を弁当箱に突っ込みたいならそうすればいい。」
The next time I saw that bully, I stood right up to him and I said "You wanna stick my head in my lunchbox. That's fine with me."
「僕は弱虫なんかじゃないから。」
"'Cause in no way am I gonna be a sissy."

キッチンで話を聞いているアルフ、

アルフ: なに、この青春ドラマで聞いたようなセリフ。(観客:笑)
Didn't I see this on The Wonder Years? *1


follow 「…の後について行く、…をつける、…を尾行する」

recess 「休憩、休み時間、休暇」

beat up 「(人を)たたきのめす、殴り倒す、ぼこぼこに殴りつける、ぶちのめす」

carry around 「持ち歩く」

lunchbox 「弁当箱」

make sense 「理にかなう、うなずける、筋が通っている」

pick on 「(人を)いじめる、いびる」

sissy 「意気地なし、臆病者、弱虫、女々しいやつ」

ugh 「うっ!」

youngster 「子供、少年、若者」

bully 「いじめっ子」

stick ... into 「…を~に突っ込む」

fine with me 「私はかまわない、私には問題ない、私はそれでいい」

in no way 「少しも…ない、全く…ない、決して…ない」

*1 Didn't I see this on The Wonder Years?
直訳「オレ、これ The Wonder Years で見なかったっけ?」
The Wonder Years は米国で1988年から1993年まで放送された海外ドラマ。日本でも「素晴らしき日々」というタイトルで放送されました。


【今日のひとこと】
アルフの突っ込みがいちいち面白い(笑)


※このブログの日本語はオリジナルの訳です。日本語吹き替えのセリフとは違いますのでご了承ください。

このエピソードをDVDで見よう!
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット1 (フォースシーズン前半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)