ep90-29 日本人の発音

ep90


アルフ、日本人のような発音で、

アルフ: わー、グーフィーさん。
Oh. Hi, Goofy-san.
ここはグレートですね。(観客:笑)
This prace is gleat. *1
イッツアスモールワールドに乗ろうよ。
Here we go on the Small World ride?
あの歌覚えられないんだけど。(観客:笑)
I could never remember that song. *2
ウィリー: ケイト、もう時間がないみたいだ。
Kate, I think we're running out of time.
ケイト: ええ。
Yes.
ウィリー: ブタクサを持ってきてくれ。
You bring that stuff in.

ケイト、キッチンに走る。

ウィリー: もうそのまま食べさせて、効果があることを願おう。
We'll just have to feed it to him just like it is and hope that it's enough.
しっかりしろよ、アルフ。
Hold on, pal.

ケイト、皿とお玉を持ってアルフの横へ。
ケイトがブタクサを食べさせようとするが、アルフ、うわ言でぼやき続ける。

アルフ: ああ、アネット、チョコかかってないじゃん。(観客:笑)
Oh, Annette, you forgot the chocolate jimmies. *3
あ、ミッキーの耳がきつすぎるのね、きっと。(観客:笑)
Oh. She must have her ears on too tight. *4
ああ、もう。
Oh. Bleh. Bleh.

ケイト、いやがるアルフにブタクサを食べさせようと頑張る。

 


*1 This prace is gleat.
正しくは This place is great. なんですが、日本人になったつもりで話していて、L と R の発音が入れ替わってます(笑)
文字で見ると「えっ!」と思いますよね。でも耳で聴くと違和感ないです(笑)まして口に出して言ってみると全然違和感ない(爆)日本人、ダメね(泣)

*2 「グーフィーさん」「スモールワールドライド」「あの歌」
  少し前に「東京ディズニーランドに行く」という発言はあったものの、このパートでは絶妙にボカしていますね(笑)

run out of time 「時間がなくなる」

stuff 「もの」

feed 「…に食物を与える」

just like it is 「そのままで」

enough 「十分な、足りる」

hold on 「しっかりつかまる、その場を持ちこたえる、踏ん張る」
Hold on. 「(助けが来るまで)がんばれ。」

*3 chocolate jimmies
お菓子などにかけるチョコのトッピング。日本語でなんと言うのか全然出てこなかったけど「チョコスプレー」っていうんですね。色がついててカラフルなやつは「カラースプレー」。へえーφ(..)

*4 She must have her ears on too tight.
解読不能ですね、これ(笑)
She must 「彼女は…したに違いない」
have her ears on 「耳をつける」
too tight 「キツすぎ」
これから察するに、ミッキーの耳をつけたのがキツすぎて、チョコをかけるの忘れた、ってことでしょうか(笑)

bleh 「あぁ、はぁ、ふぅ、つまんねえ」


【今日のひとこと】
訳しづらいし難解だし、アルフ、早くよくなって!(汗)


※このブログの日本語はオリジナルの訳です。日本語吹き替えのセリフとは違いますのでご了承ください。

このエピソードをDVDで見よう!
アルフ 〈フォース・シーズン〉セット1 (フォースシーズン前半収録)
アルフ 〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス (フォースシーズン全話収録)