エピソード関連ep18

第16・17話、終了です。DVDを持っている方は、もういちど通しで見ておきましょう♪

次回、第18話「Border Song /南から来た少年」 をスタートします。
DVDではシーズン1、disc3の2話目)


アルフによるエピソード紹介:
"Here's where I befriended a human alien."

human alien -- 人間のエイリアンって何?
 alien には「外国人、異邦人」という意味があります。
 たとえば、 illegal alien 「不法在留外国人」。
 私の好きな曲、StingEnglishman in New York の歌詞にも、
 "I'm an alien. I'm a legal alien. I'm an Englishman in New York."
 使われています。(こちらは "legal" ですがw)

 Sting - Englishman in New York (YouTube)

今回のエピソード、"Border Song" は Elton John の歌のタイトルです。
 Elton John - Border Song (YouTube)

それではお楽しみに!

 ←ブログランキング

エピソード関連ep18

さあ、第18話スタートです!
いきなり「こやし」ってのもなんなんですが、仕方ないでしょ(笑)


FC2 Blog Ranking ← 応援よろしく♪

アルフ、キッチンのテーブルで本を見ている。
アルフ、ケイトに向かっておもむろに、

アルフ: こやし。 (観客:笑)
Manure.
ケイト: 何?
What?
アルフ: 買い物リストに「こやし」入れといて。
Add manure to your grocery list.
ケイト: なんで?
Why?
アルフ: アンタが買うの忘れないようによ。 (観客:笑)
So you won't forget it.
ケイト: なんで肥料がいるのかって聞いてるの。
I mean, why do you want manure?
アルフ: にんじんに使うのよ。 (観客:笑)
To spread on my carrots. *1
ケイト: みんなと同じようにバターを使ってちょうだい。 (観客:笑)
Use butter like everybody else.
アルフ: 違う!庭に使うのよ。
No! It's for my garden.
野菜がうまく育たないんだ。
My crops aren't doing very well.
植える前に土にこやし混ぜるの忘れてたから。
I forgot to prime the soil with manure before I planted.
ケイト: あら、いまさらもう遅いんじゃない?
Oh, isn't it too late for that?
アルフ: こやしに遅すぎるということはありません! (観客:笑)
It's never too late for manure.
ケイト: そのセリフ、車のバンパーに貼るシールにいいわね。 (観客:笑)
That would make a nice bumper sticker. *2

ブログランキング ← 応援よろしく!

manure 「肥料、こやし」

grocery list 「買い物リスト」

*1 spread は「薄く広げる」ということで、パンにバターを塗ったりするときに使います。
  話のつじつまが合うように、日本語を工夫しました。

crops 「作物」

prime 「準備する」
  prime ~ with … 「~に…を十分に食べさせる」
  「機械にガソリンを入れる」という意味もあります。ここでは、「土に肥料を混ぜる」と
  いうことですね。

soil 「土」

*2 アメリカ人は車のバンパーにシールを貼るのが好きです。
  ジョーク、政治、宗教、宣伝など、いろいろなセリフ、スローガンが書かれています。
  スポーツのチームの応援などのシールも多いようです。
  面白いバンパーステッカーをコレクションするだけでも、ライフワークにできそうです(笑)
  こんなサイトをみつけましたので、よかったら見てください。
  FUNNY BUMPER STICKERS

「こやしに遅すぎることはない」名言ですね(笑)

英語ブログ ← 最後にもう一度♪


エピソード関連ep18

FC2 Blog Ranking ← 応援よろしく♪

アルフ: もしうまくいったら、畑を広げるんだ。
If this works out, I may expand.
綿を植えたり、冬だったら、ウールもいいな。 (観客:笑)
Maybe plant some cotton, or, in the winter, wool.
ケイト: 広げる?
Expand?
あなた、もう裏庭全部めちゃくちゃにしちゃったじゃない。
You've already torn up the whole backyard.
アルフ: しかたないでしょ! (観客:笑)
I can't help it!
オレほんと、ガーデニングにハマってんのよ。
I mean I'm really into this gardening thing.
太陽の下で過ごして、地球を感じて、土から生まれてくる新しい命を育てるんだ。
I love spending time in the sun, feeling the earth, nurturing new life from the soil.
ケイト: 楽しそうでよかったわ。
Well, I'm glad you enjoy it.
アルフ: あと、虫を食べたり。 (観客:笑)
I also like eating the bugs.

ブログランキング ← 応援よろしく!

work out 「うまくいく」

expand 「広げる、拡張する」

cotton 「綿、コットン」

wool 「羊毛、ウール」

tear up 「ズタズタに引き裂く」

backyard 「裏庭」

can't help it 「しかたない」

be into … 「…にハマって、…に夢中になって、…にのめりこんで」

… thing 「…っていうやつ、…っていうもの」

nurture 「育てる、育む」

英語ブログ ← 最後にもう一度♪

エピソード関連ep18

FC2 Blog Ranking ← 応援よろしく♪

ウィリー、辞書を片手にスペイン語でたどたどしく電話中。
ひとしきりしゃべった後、

ウィリー: あれ?あなた、英語しゃべれるんですか? (観客:笑)
What? You seak English?
なんで早く言ってくれないんですか?
Why didn't you say so?
いや、全然面白くないですよ。
No, I don't think that's funny.
まあ、いいです。
Never mind.
私、ロサンゼルスの福祉課の者ですが、
Uh, I'm, I'm with the social service department of Los Angeles County.
フレドー・マンシーヤという人を探してるんです。
I'm trying to find a man named Fredo Manciya.
農家で、サンフェリペに住んでいるはずです。
He's a farmar. He lives in San Felipe.
彼の息子を預かっているので。
I, I've got a son here.
分かりました。待ってます。
Oh, yes, I hold.

横で待っている男の子、ウィリーの写真立てを手に取る。

ウィリー: ああ、それ、うちの子供たちだよ。
Uh, those, those are my kids.
なにやらスペイン語(汗)
ブライアンとリンだよ。
Brian and Lynn.

男の子、「リン」に反応。

男の子: リン。 (観客:笑)
Lynn.

女性職員が部屋に戻ってきて、ウィリーに資料を渡す。

ワイン: もう帰っていいですか?
Can I go home now?
ウィリー: いや、まだ。
No.
えーと、リンは17歳で、ブライアンは(スペイン語で)7歳。
Ah, Lynn is, um, seventeen. Brian is, ah, siete. *2

部屋の前を他の職員が通る。

スコット: お先に。
Good night. *3
お疲れ様、スコット。
Good night, Scott.
ワイン: なんで私だけ帰れないんですか?
Why can't I go home?
みんな帰っていくのに。
Everybody else is going home.
ウィリー: ワインさん、時間がかかってすまないね。
Miss Wine, I'm sorry this is taking so long.
でも、この子を助けてあげなくちゃ。
But we're trying to help this boy.
彼はひとりぼっちで、おびえている。
He's alone. He's frightened.
英語も全くしゃべれない。
He doesn't speak any English.
メキシコに帰るバスにひとりで乗せるなら、むこうで誰かに迎えに来てもらわないと。
And if I'm gonna put him alone on a bus back to Mexico, I wanna be sure there's gonna be somebody there to meet him.
ワイン: この時間、車が渋滞するんですけど。
And now that what you don't care what traffic's like this time of night. *1

ウィリー: もしもし。はい、まだつながってます。
Yes, yes, I'm still here.
フレドー・マンシーヤさんのことを知っている人、見つかりましたか?
Ha...have you found anyone who knows, uh, anything about Fredo Manciya?
見つかった?それはよかった!
You have? Great!
もういない?どこに行ったんですか?
He's gone? Gone where?

でも、誰か…
Somebody must...

ああ…
Oh, I'm s...
ええ、残念ですね。
I'm sorry, too.

ブログランキング ← 応援よろしく!

social service department 「社会福祉課」

county 「郡」

San Felipe 「サンフェリペ」
  メキシコのバハ・カリフォルニア(Baja California)の都市。

hold 「(電話を切らずに)待つ」


*1 こういう風に聴こえるんですが、なんか変な文章ですね…。
  Another what you don't care what... かなー?
  I know that what you don't care だと変だし。
  誰かヘルプ!

*2 siete はスペイン語で7です。

*3 「お先に」「お疲れ」みたいなフレーズは英語にはなくて、こんな風に Good night. とか、
  Have a nice weekend. みたいな挨拶を使います。

frightened 「おびえている、怖がっている」

ふー、長かった!!(*_*)
今日のパート、TV版にはないシーンが入っていますが、今回はTV版は省略。(おい)
ウィリーは女子職員から苦情を言われ、上司からも早く他の部署に回せとせっつかれます。


英語ブログ ← 最後にもう一度♪

エピソード関連ep18

FC2 Blog Ranking ← 応援よろしく♪

アルフ、どこかに電話をかけている。

アルフ: そんじゃ、商談成立。
It's a deal.

アルフ、電話を切る。

アルフ: やった、ケイト。
Good news, Kate.
5ドルもうかった。
I just saved us five bucks.
ケイト: どうして?
How?
アルフ: こやしをトラック1台分注文したら負けてくれたんだ。 (観客:笑)
I ordered the manure by the truckload.
ケイト: そのまま送り返してちょうだい。 (観客:笑)
As exactly how you'll send it back.

ブライアン、庭から野菜を持ってくる。

ブライアン: はい、アルフ。
Here, Alf.
タマネギも取ってくる。
I have to go back for onions.
アルフ: ちょっと、待った。
Wait, wait.
こんだけ?
Is this all we've got?
ブライアン: もっとこやしを入れたほうがよかったね。 (観客:笑)
You should have used more manure.
アルフ: まいった。87年版ダスト・ボウルだ。 (観客:笑)
Great. Dust Bowl '87.
ケイト: あら、いいじゃない。
Oh, what's wrong?
たくさんじゃないけど、ちゃんとした山芋ができたじゃないの。
There're not many of them but they're parfectly fine yams.
リン: ママ、あれ、ナスよ。
Mom, that's eggplant.
アルフ: これはとうもろこし! (観客:笑)
It's corn!

ブログランキング ← 応援よろしく!

It's a deal. 「商談成立。それでいいです。」

buck 「ドル」 参考 greenback, green buck
ドル紙幣は裏側が緑色なので、俗語で greenback と呼びます。
このときは、greenback なのですが、単独で使うのは buck です。
昔、鹿の皮を通貨として使っていたので、 buck と呼ぶらしいです。
語源が違うんですね。発音も違いますよね。どっちにしてもややこしい(汗)
さらにややこしいことに、混じって green buck とも言うようです (゚Д゚;)

【ノーカット版】繰り上がる」 (2007年06月20日)にも出てきていたのに、スルーしてました(汗)

truckload 「トラック一杯分」

Dust Bowl 「ダスト・ボウル」
1930年代にアメリカとカナダで起こった大規模な砂嵐のこと。
農業技術の未熟さと、生産過剰で表面の土が吹き飛ばされて2m先も見えなくなることがあったそうです。
いやー、これ、調べまくりましたよ。
アメリカでは、これで、(観客:笑)なぐらい有名な話なんでしょうかね?

yam 「山芋」

eggplant 「なす」

いや、どう見ても、とうもろこしには見えません(笑)

英語ブログ ← 最後にもう一度♪